潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » これからのテレアポを考える。インサイドセールスも視野に! » インサイドセールスはテレアポの進化系?

インサイドセールスはテレアポの進化系?

テレアポとインサイドセールスは、どのように違うのでしょうか。インサイドセールスがテレアポの延長線上にある手法であることを解説しています。

テレアポが進化したものがインサイドセールス?両者の違いとは

インサイドセールスとテレアポは似ているもののようですが、違うものです。テレアポの延長線上に、インサイドセールスがあると認識するとよいでしょう。あるいは、その進化形とも言うことができるかもしれません。

では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。インサイドセールスが進化しているポイントを解説していきます。

インサイドセールスはヒアリングまで行う

テレアポの場合、商品の説明やアピールをして、商談のアポイントを取るのが目標です。それに対し、インサイドセールスはニーズのヒアリングまで行います。

ヒアリングを行うことで、事前に顧客のニーズがある程度わかるので、実際に訪問する時には商談が進めやすくなります。あるいは、継続して営業を続けるべき顧客かどうかを判断できるので、無駄な労力を割かなくて済みます。

訪問に至らなくても成果が得られる

テレアポの場合は、あくまでアポイントを取って、訪問することで資料や情報を提供します。と言うことは、アポイントが取れなければ何もできません。

しかし、インサイドセールスの場合はメールやWEBを使って、顧客に対し継続的に情報を提供しつづけます。接点を維持しながら顧客を育成するのがインサイドセールスです。

担当制を設けず、事前に厳密な入力ルールを設けることができれば、担当者が変わっても継続的なフォローをチームで行うことができます。

テレアポのシステムでインサイドセールスも可能!

インサイドセールスはテレアポより一歩踏み込んだ営業活動だと捉えることができます。類似性がおおいにあるので、テレアポのシステムを使ってインサイドセールスを始めることも可能です。

今後はさらにニーズが増えるインサイドセールスの手法は、テレアポの進化形といえます。

インサイドセールスも視野に入れられる。アウトバウンド型CTIシステム3選はこちら>>

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ