潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » アウトバウンド型CTIシステム(テレアポシステム)15選

アウトバウンド型CTIシステム(テレアポシステム)15選

各社が提供するアウトバウンドコール用テレアポシステムについて、その機能や特徴、価格をリサーチ。比較しやすいようにまとめてみました。

厳選!アウトバウンドコール用テレアポシステム・トップ15

アウトバウンドコールに使われるテレアポシステム(CTIシステム)は、各社で開発・販売がされています。その中でも機能や導入コストの面で優れたものを15社選んで、それぞれの特徴をリサーチしました。

その結果をまとめてご紹介するのがこのページ。以下に、各社の概要をまとめています。ぜひ、各製品の詳細ページもご確認ください。

プログレス progress

シンプルなインターフェイスに、アウトバウンドマーケティングに欠かせない機能を盛り込んだ製品。論理的に仕上げられたシステムで、業務効率向上には最適の製品。価格が明記されている点も良心的です。

progressの詳細はこちら>>

テレオールワン tele-all-one

発信専用に設計された、アウトバウンド専用のシステム。多機能であることと、サポートが充実していることで評判となっています。

テレオールワンの詳細はこちら>>

Blue bean

低価格ながら、インバウンドとアウトバウンドの両方に対応しているCTIシステム。多機能で、セキュリティ面も安心です。後々の業務拡大にも対応しやすい設計です。

Blue beanの詳細はこちら>>

BIZTEL

クラウド型CTIのパイオニアとされるのがbiztel。最短5営業日でコールセンターを構築できるスピーディさや、豊富なオプション、機能拡張が魅力です。

BIZTELの詳細はこちら>>

アポ王next

初期費用ゼロから始められる、良心的な価格設定のCTIシステム。無駄なコストを徹底的にカットした設計と、誰でも使えて見やすいシステムが魅力です。

アポ王nextの詳細はこちら>>

at will

アウトバウンド、インバウンドの両方に対応したCTIシステム。あらゆる分野での活用が可能で、テレマーケティングの完全無人システムも構築することができます。

at willの詳細はこちら>>

Ever Bank

保険代理店と通信代理店の社長が監修してつくられたCTIシステムがEver Bank。現場で求められる機能や設計を反映しており、まさに現場主義の使いやすいシステムとなっています。

Ever Bankの詳細はこちら>>

DISH

もともとは自社で使うために設計されたというテレアポシステムがDISH。実際に開発したランドスケイプ社でも使われており、同業他社にも採用されています。

DISHの詳細はこちら>>

Opencom

小規模で導入しやすいCTIシステムが、Opencomの提供するOpen DialerとOpen Logger。クラウド型にも設置型にも対応していて、使った分だけ支払うという小規模コールセンターには優しい料金設定になっています。

Opencomの詳細はこちら>>

アシュラダイヤラー

FileMakerやExcelで、顧客リストを作成している企業のためのテレアポツールが、アシュラダイヤラー。顧客リストのファイルから、電話番号をクリックするだけで直接電話をかけることができます。

アシュラダイヤラーの詳細はこちら>>

Call Hacker

スマートフォンでテレアポ業務ができるという変わり種のCTIシステム。通話料定額プランを利用することができるので、通話コストを大幅に削減することができます。

Call Hackerの詳細はこちら>>

CT-MAX

多機能オールインワンCTIシステムのCT-MAXは、クリアで聞き取りやすい音声がウリ。アウトバウンドとインバウンドの両方に対応し、自動応答システムも構築できるなど、機能の多さもポイントです。

CT-MAXの詳細はこちら>>

Harmony OutBound

同じメーカーのHarmonyシリーズと連携して、顧客管理やテレアポ業務の効率向上に利用できるシステム。カスタマイズ性に優れ、業務に合った形でのシステム構築が可能です。

Harmony OutBoundの詳細はこちら>>

コラボス

国内シェアはトップクラスとされるCTIシステム。5つのサービスから成り立っており、必要なものを組み合わせてシステムを構築することができます。海外でも、国内コールセンターと同じ仕様で使えるのもメリット。

コラボスの詳細はこちら>>

即電くん

非常にシンプルなシステムで、ワンクリックでオート発信できる機能と、通話の録音・ログ管理だけに絞ったツールです。誰にでもすぐに使えるようになるので、小規模テレアポ事業でシニア人材を活用したい時にも有用です。

即電くんの詳細はこちら>>

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ