潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » アウトバウンド型CTIシステム(テレアポシステム)15選 » アシュラダイヤラー

アシュラダイヤラー

ExcelやFileMakerで、顧客管理をしている企業やコールセンターのためのアウトバウンドツール、アシュラダイヤラーとはどんなサービスなのか、調査をしてみました。

低価格で高機能!評判のCTI・アシュラダイヤラー

アシュラダイヤラーは、株式会社オプトエスピーが提供する個性的なアウトバウンドツールです。FileMakerやExcelで顧客管理をしている企業・コールセンターが、安価で簡単に導入できるのが特徴です。

アシュラダイヤラーの特徴

通話録音ソリューションのプロ集団が提供するCTI

CTIには欠かせない、音声通話の記録。アシュラダイヤラーを提供するオプトエスピーは、通話の記録・録音の専門家集団です。携帯電話、VoIP、アダプタ録音など、通話の記録を幅広く手がけています。そこから派生して、アウトバウンドツールを開発、提供。それがアシュラダイヤラーとして評判を呼んでいます。

自動で録音された音声は、後から聞き返して通話品質の向上に役立てることができます。オペレーターにアドバイスをする管理者には欠かせない機能です。

FileMakerやExcelと連携

アシュラダイヤラーが最も個性的なのは、FileMakerやExcelと連携してアウトバウンドコールを行うことができるという点。CTIを導入していない企業では、FileMakerやExcelを使って顧客情報を管理しているケースが多いと思います。アシュラダイヤラーを導入すると、顧客情報のデータファイルを開いたFileMakerやExcelから、クリックひとつで顧客に電話をかけることができます。非常にわかりやすいシステムで、かんたんにCTIを導入したい企業には最適なソリューションです。

通話録音機能を標準装備

通話録音を専門とする企業の製品ですから、当然、通話録音機能を標準装備しています。録音したデータは、電話番号で検索が可能です。後から聞き返して、トークの品質向上や、トラブルの回避に利用することができます。

なお、録音ファイルのファイルパスにマスクをかけて、録音ファイルのセキュリティ対策も可能です。また、データ量が膨大になりがちな録音データですが、別途NASを用意すれば長期間・大量の保存も可能です。

アシュラダイヤラーの機能

発信機能は、FileMakerやExcelからの発信が利用できます。手軽にミスダイヤルを防ぐことができるシステムです。

モニタリングは、別途専用のYコードを利用すればリアルタイムでのモニタリングが可能となっています。

また、PBXを導入していなくても保留メロディを再生できる機能も搭載されています。

全体的に機能は少なめですが、低コストでかんたんに導入できるので、小規模のアウトバウンドコールや、期間が限られたアウトバウンドコールには利用しやすいシステムではないでしょうか。

アシュラダイヤラーの価格

  • 本体価格: 65,000円
  • 保守価格 4インシデント/年間 (詳細はお問い合わせください)

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ