潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » アウトバウンド型CTIシステム(テレアポシステム)15選 » BIZTEL

BIZTEL

BIZTEL
画像引用元:BIZTEL公式HP
https://biztel.jp/

導入実績豊富、拡張性の高さで評判のCTIシステム、BIZTELの特徴や機能を徹底調査してまとめました!

クラウド型CTIのパイオニア!評判の良いCTIシステム、BIZTEL

BIZTELは、導入実績が豊富なクラウド型CTIシステム。クラウド型を初期に採用し、多くの企業に採用されるパイオニアとも言えるサービスです。

BIZTELの特徴

最短5営業日でコールセンターができる!スピーディな対応が可能

BIZTELは、インターネットとPCを用意すればテレアポ業務ができる、クラウド型と呼ばれるタイプのCTIシステムです。専用の機器の取り付け工事などは必要ないので、最短で5営業日での利用が可能です。

新しいキャンペーンを急に立ち上げたりした時も、スピーディにコールセンターを立ち上げて対応することが可能。スピードが命のビジネスにおいて、この対応の速さはきっと大きな味方になります。

低コストで、必要な時に必要な分だけ利用ができる

クラウド型が優れているのは、コストを抑えられるという点。上述のように、専用機器がないため、導入コストは大幅に下がります。しかも、利用料金は1席あたりの課金。必要な分だけ席数を増やし、不要なら減らすことで、無駄のないコスト管理が可能になります。

もちろん、席数が増えるほど1席あたりのコストが下がる同時通話数課金のプランも可能。低コストでのコールセンター運用の強い味方です。

豊富なオプションと規模拡張

BIZTELには、豊富なオプション機能が用意されています。

Sales forceなどのCRMやSFAシステムとの連携や、オペレーター同士のチャットや状況確認ができるエージェントコントロール、電話アンケート機能、テキストファイルから自動音声を生成する音声合成機能、インターネットでFAXの送受信ができるインターネットFAX機能など、必要に応じて機能を追加することができます。

もちろん、コールセンターの規模拡大にも対応。すぐに席数を増やすことができます。

BIZTELの機能

キュー設定、ACD設定など、コールセンター管理はブラウザから行うことが可能。オペレーターの稼働状況もグラフでリアルタイムに表示することができます。

オペレーター個人の実績や応対状況を統計データにして出力することも可能で、このデータをもとにアドバイスができます。

リアルタイムでのささやきには対応していませんが、オペレーターのモニタリングや全通話録音には対応しており、録音を聞いて、管理者からアドバイスやトレーニングを行うことが可能です。

BIZTELの価格

  • 初期費用: 50,000円〜 工事や機器の取り付け不要
  • 月額費用: 15,000円〜 座席数やアカウントの数に応じて、あるいは同時通話数に応じて課金

BIZTELの口コミ

  • 「自社でコールセンターを持つ場合に比べて、かなりコストを抑えることが出来ていると感じています。またアウトバウンドにも使うことで、社内のリソースを有効利用が出来ていることに加えて人件費の削減にも一役買ってくれています。」
  • 「Salesforceと連携させ、お客様のサポート業務に役立たせています。」
  • 「会社の規模が拡大するにつれ、コールセンターの負担が増えていました。コストや機能の将来性などが心配で、なかなか新しいシステムの導入にも踏み切ることが出来ませんでした。BIZTELはそうしたコスト面の心配や設備のアフターフォローといった心配を解消してくれました。クラウド型ということで、将来的に拡張や移転も簡単に行うことが出来ますし、事業継続計画の見通しが付きやすいという点が大きなメリットでした。細かく運営状況が把握できるため、業務の改善や効率化のための対策を立てやすいのもポイントです。」
  • 「小さなコールセンターにも導入可能で、導入後も必要に応じて1席単位で拡張・縮小できるフットワークの軽さが魅力だと感じます。」
  • 「クラウド型を採用したことで、事業継続計画や在宅型コールセンター導入の検討など、経営判断がより容易になりました。」

低価格でクラウド型の当サイトおすすめのCTIシステム3選を紹介>>

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ