潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » アウトバウンド型CTIシステム(テレアポシステム)15選 » Blue bean

Blue bean

Blue bean
画像引用元:Blue bean公式HP
https://bluebean.softsu.com/

クラウド型CTIコールセンターシステム、Blue beanの機能や特徴をリサーチ。他社と比較しやすいようにまとめています。

低価格ながら高機能!評判のCTIシステム、Blue beanとは

Blue beanは、株式会社ソフツーが提供しているクラウド型のCTIシステムです。低価格ながら、インバウンドとアウトバウンドの両方に対応しており、Blue beanのサービスだけでコールセンター業務を行うことができます。

Blue beanの特徴

多機能なCTIシステム

プレディクティブ発信やマルチ着信ポップアップ、自動音声応答など、CTIの先進的な機能を豊富に搭載しているBlue bean。

コールセンターの業務を効率化するためのツールは、一通り揃っています。またCTIだけでなく、CRM機能も合わせてパッケージングしてあるので、顧客情報の管理も万全です。

ほかにも、アウトバウンド・インバウンドの両方に対応する間口の広さも魅力。後々の業務拡大にも対応しやすくなっています。

マルチテナントシステムを搭載

マルチテナントシステムとは、複数業務に対応するシステムのこと。例えば、自社業務の他に、営業代行を複数受託している場合、Blue bean上で一括管理ができます。

受託会社や自社にそれぞれオペレーターチームを割り振ったり、顧客情報を独立して管理することもできます。それぞれのデータをレポートとして出力することもできるので、より効率の良いコールセンター運営が可能になります。

信頼できるセキュリティシステム

データのアクセスには、管理者、マネージャー、スーパーバイザーなどそれぞれに権限を設定することができます。

マルチテナントシステムを採用しているため、Blue bean上には複数企業の顧客リストが保存されています。そのためセキュリティの保持が課題になりますが、Blue beanのセキュリティ管理システムなら、情報の漏洩を防ぐことができます。

また、データは国内トップクラスのデータセンターの専用サーバを使い、高い信頼性を確保しています。

Blue Beanの機能

リスト上の顧客に同時発信をして、応答があった回線をオペレーターにつなぐプレディクティブ発信や、事前に顧客情報を見た上で発信するプレビュー発信機能を搭載。

インバウンドのための機能も豊富で、マルチ着信ポップアップ、ACD(スキルベースルーティング)、IVR(音声自動応答)なども搭載。どちらかといえば、インバウンドの方に機能の重点が置かれているサービスです。

また、Salesforceとの連携にも対応。顧客データの管理は既存のものを使いながら、Blue beanを導入することが可能です。

Blue beanの価格

料金プラン 初期費用 月額費用
お試しプラン 10,000円 10,000円
プラン10 50,000円 50,000円
プラン25 100,000円 100,000円
プラン50 200,000円 200,000円
プラン100 350,000円 350,000円

Blue beanの口コミ

  • 「自社でコールセンターを設立する場合と比べて、導入が圧倒的に低価格で簡単である点が素晴らしいです。料金システムも無駄がなくわかり易いです。ブース課金ではないので、繁忙期などオペレーターを増やさなくてはならない時も調整が楽です。顧客情報をわかりやすく管理することができるため、効率的に業務を行うことができます。」
  • 「クラウド型なので、インターネット回線さえあれば全国の支社と簡単に情報の共有ができます。そのため業務の分担をスムーズに済ませることができました。何よりもトータルの費用が他社のサービスと比べて安くて助かります。セキュリティ上、アクセス権限を設定出来るのも安心です。」
  • 「今まではオペレーターの経験年数などによりどうしても架電効率にバラつきが出てしまっていましたが、プレディクティブコールを導入することで架電効率の偏りが減りました。」
  • 「通話料金が秒単位なので、結果として電話料金が下がりました。既存のシステムからの引き継ぎがうまく行くか心配だったのですが、サポートが手厚く無事にすんなりと移行することが出来ました。管理画面のわかりやすさもポイントです。」

低価格で導入しやすいアウトバウンド型CTIシステムを紹介>>

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ