潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » アウトバウンド型CTIシステム(テレアポシステム)15選 » Call Hacker

Call Hacker

Androidスマートフォンでテレアポができると評判の、Call Hackerの特徴や機能について調査した結果をまとめました。

スマホでテレアポ!Call Hackerの評判の理由を探りました

Call Hackerは、通話料定額で大幅なコスト削減ができるCTIシステム。アウトバウンドに特化したクラウド型CTIで、手軽に導入できる現代的なシステムです。

Call Hackerの特徴

スマートフォンでテレアポ業務ができる

 Call Hackerは、スマートフォンと連携してアウトバウンドコールを行うためのシステム。Android端末と連携して、クラウドに全てのデータが蓄積されます。オフィスはもちろん、外出先でも発信することができるので、より営業効率を高めることができます。

スマートフォンとPCだけで始められるので、工事の必要がなく、すぐに導入が可能。初期費用がかからないという魅力もあります。

コストを大幅に削減!通話料定額という新しいカタチ

大口割引や秒課金によって、通話コストを下げるCTIシステムは他社でも提供しています。Call Hackerの場合は、なんと通話料が定額!スマートフォンを使うことで、電話代コストを従来の10分の1に抑えることができます。

テレアポ用の端末は、もちろん外出先でも社用携帯として使うことができます。スマホにはデータ通信機能もありますから、CTIシステムとリアルタイムでデータのやり取りをすることも可能です。

アウトバウンドに一極集中!電話営業に特化したシステム

Call Hackerが対応するのはアウトバウンドだけで、インバウンドコールには対応していません。このシステムだけでコールセンターを作ることはできませんが、小回りの利くシステムで営業効率を高めるには向いています。

アウトバウンドに特化はしていますが、独自の追加機能を拡張開発することも可能。外部サービスと併用・連携すれば、さらに営業効率を高めることができます。

メーカーによれば、導入によってコール数は250%アップが期待できるとのこと。徹底的にアウトバウンドコールの効率化を目指したサービスです。

Call hackerの機能

全通話の録音再生機能があります。テレアポの内容はもちろん、外出時の通話内容も記録。クレーム対策に役立ちます。営業マンがかけたコール数を時間別に計測したりすることで、コールを強化すべき部分の分析も可能です。

通話内容記録を文字で残したり、社内掲示板に書き込みをすることで、情報共有や周知が可能です。同一顧客に違う営業マンが電話をする場合も、情報や状況の思い違いを防ぐことができます。

Call Hackerの価格

携帯かけ放題プランの場合、初期導入費用は0円。2,700円でかけ放題のプランなら、1名あたりの月額料金も2,700円となります。どれだけかけてもコストは一定なので、コール数をどんどん増やすことができます。

テレアポは、コール数の多さが業績に直結します。通話料の心配がないCall Hackerなら、業務効率を躊躇せずに上げていくことが可能です。

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ