潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » アウトバウンド型CTIシステム(テレアポシステム)15選 » Harmony OutBound

Harmony OutBound

CTIシステムと連携して動作するアウトバウンドシステム、Harmony OutBoundの特徴や機能について解説しています。

柔軟なシステム開発で評判!Harmony OutBound

Harmony OutBoundは、株式会社エヌ・エス・ケーが開発するアウトバウンドシステム。同社のHarmonyシリーズに含まれるHarmony CTIやHarmony CRM、Harmony CMSなどと連携して、業務を効率化できる製品です。PBX/IP-PBXを必要とする、設置型のアウトバウンドシステムとなっています。

Harmony Outboundの特徴

柔軟にカスタマイズできるシステム

Harmonyシリーズの製品は、業務や目的に応じて柔軟なシステムの構築・開発が可能です。完全にパッケージ化された製品は導入が簡単ですが、よりカスタマイズされたシステムを用意するなら、Harmony OutBoundのような製品に分があります。

応対画面は自由にカスタマイズできるように設計されており、CRMの画面にも反映されます。レイアウトをテンプレートとして保存しておいて、さらにカスタマイズして使うこともできます。

柔軟な対応ができるという点では、Harmony OutBoundは他のアウトバウンドシステムに比べ優れているようです。

Harmonyシリーズとの連携

株式会社エヌ・エス・ケーの開発する、Harmonyシリーズの他の製品とも連携ができます。

例えば、HarmonyCTIとの連携でワンクリック通話や自動通話録音が可能になります。HarmonyCMSは電話着信・送信の履歴管理や通話時間、呼数の分析、ACD分析など。HarmonyRMSは、キャンペーンや発信リストの作成、結果の集計・分析出力などができます。業務の内容に応じて、連携するシステムを選べる点がポイントです。

進捗や応対履歴の管理機能が充実

データやログの管理・分析機能も優れています。各オペレーターは、担当する発信業務の進捗状況をリアルタイムで見ることができます。また、応対したお客様の情報や応対の様子を入力して、情報共有することができます。検索機能にも対応しています。

その他、発信ログの分析、アウトバウンドの結果集計や出力機能など、アウトバウンドコールの分析と生産性向上のためのツールが標準装備されています。

Harmony OutBoundの機能

CTI機能としては、 自動通話録音やダイレクト電話発信機能が実装されています。

CRM機能には、電話発信をする前に顧客情報を確認できるプレビュー発信機能、電話発信の予約登録、業務の進捗状況をメーターで見ることができるがんばりメーター機能、顧客自動割り当て機能などがあります。

また管理者のための機能としては、キャンペーン作成機能、発信リスト作成機能(顧客リストからの発信リスト作成)、発信ログ分析機能(発信情報やヒット率の分析)、アウトバウンド結果集計・出力機能などがあります。

Harmony OutBoundの価格

Harmony OutBoundの導入費用やランニングコストは公開されていません。

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ