潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » アウトバウンド型CTIシステム(テレアポシステム)31選 » INNOVERA Outbound

INNOVERA Outbound

株式会社プロディライトが提供する、クラウド型のCTIサービスINNOVERA Outboundについて、機能や特徴などをリサーチしてみました。CTIサービスの導入を検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

架電の際のロスを抑え、効率的な作業が可能になるCTIサービス

株式会社プロディライトは、サービス利用者の声をしっかりとくみとって、サービスに反映しています。トップオペレーターたちが開発に携わっている点も注目です。多くの導入実績を誇る会社です。

INNOVERA Outboundの特徴

導入のための所要時間が短い

クラウド型だからこそ可能であるともいえる、導入のスムーズさが魅力です。固定電話の回線を開通したり、現地での調査結果が出るまで待ったりする必要はゼロです。そのため、INNOVERA Outboundの導入を申し込んでから、最短の場合では、完了まで5営業日しかかかりません。

最新環境での利用が可能

システムのバージョンアップに関しては、その100%をクラウドサーバー上で行っています。そのため、稼働中のシステムの一時停止などが全く必要ありません。ノンストップで、かつ常にバージョンアップされた「最新環境」でシステムを利用できるのが魅力です。

高い安全性を誇る

専門のスタッフの目が常に行き届いています。そのため、トラブルやリスクの原因となる多くの脅威を心配することなく、安心して利用できるシステムです。さらに、予期ができない災害などが発生しても、その影響を受ける可能性の低い立地を選んでオフィスを構えている点も、利用者には心強い要素だといえます。

初期費用がとても安い

INNOVERA Outboundを導入するにあたって、大がかりな準備をしなくて済むのもうれしいポイントです。パソコン・インターネット回線・ヘッドセットの3点さえ揃っていればOK。値段のはるサーバーなどは不要です。システム導入時には、高額な出費の心配がほとんどありません。

パソコンの推奨動作環境は次の通りです。

  • OS:Windows7(以降)
  • メモリ:2GB(以上)
  • ブラウザ:Internet Explorer11
  • 回線速度:100Mbps(以上

INNOVERA Outboundの機能

標準装備だけでも、十分すぎるほどの機能が詰まっています。リストにある番号であればワンクリックで発信が可能となる「Click To Call」、あるいは一定時間のコールの後、受電されない場合には次の架電先へコールする「オートコール」など、オペレーターがスムーズに対応できるようにするためのサポート機能が多数設けられています。

また、オペレーター一人ひとりのスキルを把握した上で電話業務を割り振ったり、さらに効率の良い架電戦略を立てたりできる分析機能も優秀です。

INNOVERA Outboundの価格

サービスの利用料金については公開されていませんので、問い合わせが必要です。ただし、「90秒課金」というシステムを設けているため、コスト削減につながりやすい料金体系だといえるでしょう。独自のIP電話回線(IP-Line)を採用しているので、通常のIP電話回線の場合と比較すると、4割以上の通話料の削減も可能です。

こちらとも比較検討!おすすめアウトバウンド型CTIシステム、3選を紹介>>

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ