潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » アウトバウンド型CTIシステム(テレアポシステム)15選 » プログレス Progress

プログレス Progress

シンプルかつ効率よく使える設計と評判のクラウド型CTIシステム、Progressの特徴や機能についてまとめています。

充実したCTI機能、シンプルなUI、ユニークなコミュニケーション機能で成約率アップ!“プログレス”

Progressは、株式会社フルサポートが提供するCTIシステム。アウトバウンドマーケティングに欠かせない機能をすべて盛り込みながらも、シンプルなインターフェイスを採用し、使いやすく現場の効率化を実現します。またユニークな機能としてチャット機能や掲示板、告知テロップなどのコミュニケーション機能などがあり、チーム力を強化ができるCTIとして評判です。

Progressの特徴

リアルタイムで状況把握・アドバイスが可能!

Progressのモニタリング機能を使って、どのオペレーターが誰と何を話しているのか、状況をリアルタイムに把握することができます。オペレーターの作業効率を正確に評価するためには欠かせない機能です。

さらに、会話の内容をモニタリングしながら、顧客に聞こえないようにオペレーターだけにささやく「ささやき」という機能を使って、リアルタイムでアドバイスを送ることもできます。適切なアドバイスを送ることで、コールの質を向上させることができます。

作業の効率化でオペレーターの負担を軽減

自動検索架電機能で、条件で絞り込んだ顧客だけに自動的に電話をかける機能を搭載。電話がつながらなかった時も、再コールアナウンスを設定しておけば、電話をかけ直すチャンスを逃しません。もちろん、電話がつながるまで電話をかけ続けるオートコール機能も搭載。

また、各オペレーター専用のMy Boxが用意されており、見込み客への再コールの予定を自分でかんたんに管理することができます。

チーム力アップに役立つコミュニケーション機能

Progress独自のユニークな機能はコミュニケーション機能です。オペレーター間のチャットや掲示板機能、オペレーター全体にニュースを告知するためのテロップ機能などがあります。密にコミュニケーションを取ることで、チーム内のモチベーションと帰属意識を高めたり、スキルアップのための情報共有などを行なえます。継続的にチーム力をアップさせていきたい組織におすすめのアウトバウンド型CTIシステムです。

テレアポ業務は、周りがどうしているのかが把握しずらく、疑問や問題を一人で抱えがちになります。しかしこれらのコミュニケーションツールの導入で、個人の問題をチームの問題として共有し、チーム一丸となって成約率アップを目指すことが可能になります。

Progressの機能

顧客リスト管理では、顧客ごとの有効期限設定や禁止リストなどを作成することができます。

管理者のリアルタイム管理機能では、オペレーターごとのコール状況や、通話のモニタリングが可能。リアルタイムでオペレーターにささやくウィスパリング機能も用意されています。またオートコールやクリックコールという基本機能も搭載しています。

Progressは、ネットに接続してヘッドセットを用意するだけで、すぐに業務を始められるシステム。クラウド型のサービスなので、特別な機器の取り付けは不要。そのため、導入費を大幅に削減することができます。申込から最短2営業日で利用できるというスピードにも注目です。また、通信費の削減コンサルティングも提供しており、最大で通信費を35%削減したという実績もあります。

Progressの価格

初期費用

  • 基本ID 15,000円/1ID
  • サブID 7,000円/1ID
  • サーバー設定費 30,000円/1センター
  • 0120番号取得設定費 5,000円/1番号
  • 着信転送設定費用 1,000円/1番号

月額費用

  • 基本ID 15,000円/1ID
  • サブID 5,000円/1ID
  • サーバー設定費 10,000円/1センター
  • 0120番号取得設定費 2,000円/1番号
  • 着信転送設定費用 500円/1番号

通話料金

  • 固定電話 1.5円/20秒
  • IP電話 8円/180秒
  • 携帯電話 16円/60秒

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ