潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » アウトバウンド型CTIシステム(テレアポシステム)15選 » テレアポ職人

テレアポ職人

テレアポ職人
画像引用元:テレアポ職人公式HP
https://www.saaske.com/telapo/

テレアポ職人のクラウドサービスサスケCTIの特徴や機能などについてリサーチしました。

テレアポ専用リスト管理システムが低コストで導入できるテレアポ職人

株式会社インターパークが提供するテレアポ職人のクラウドサービスサスケCTIは、低コストで導入できる「テレアポ専用リスト管理システム」です。

テレアポ職人の特徴

CTIのコストをグッと削減

テレアポ職人のクラウドサービスサスケCTIは、サーバーやネットワークを自社で導入・運用するオンプレミス型と比べて、電話回線の増設工事や追加の設備投資が不要となるため、大幅にコストを削減することが可能です。

一歩進んだアウトバウンド

テレアポ職人のクラウドサービスサスケCTIは、簡単操作でありながらカスタマイズの自由度が高いということも大きな魅力。管理項目を自社の運用に合わせ、全9項目から自由にカスタマイズすることができるので、「自社専用のアウトバウンド管理システム」としての使いやすさもバツグンです。

また、テレアポに加えてメールマーケティングやWEB解析・履歴の一元管理などの要素も満たしており、単なるテレアポのみの活動よりもはるかに顧客の動き・ニーズが把握しやすくなります。

サポートも充実

テレアポ職人は、単にシステム提供をするだけでなく、導入や運用のコンサルティング、さらにデータ移行のサポートなども積極的に実施しています。

契約企業向けの専用サポートフリーダイヤルがありますので、困ったことや気になることは何でも相談・問い合わせしてみましょう。

テレアポ職人の機能

2016年にリリースされたテレアポ職人のクラウドサービスサスケCTIには、以下の新機能が搭載されています。

  • ワンクリックコール:パソコンと電話を直接つなぎ、顧客情報画面からワンクリックで電話発信・履歴登録が可能。
  • 音声録音:電話の通話内容を自動で録音。
  • 録音データ集計:通話時間や架電数などを自動で集計。

この他にも、相手が外出中であった場合や、こちらからの再度の連絡を要求された場合などに次回のフォロー時期を登録しておけば再コール時期を教えてくれる強化アラート機能や、リストの複数管理機能、顧客評価機能などをはじめとした、さまざまな機能が搭載されています。

テレアポ職人の価格

テレアポ職人のCTI利用はオプション扱いとなっており、料金は公開されていませんが、その他の月額利用料金は以下のとおりとなっています。

基本料金 アカウントID 架電リスト登録件数
5,000円 1ID:1,000円 1,000件:0円
2,000件:5,000円
3,000件:10,000円
5,000件:13,000円
10,000件:17,000円
30,000件:25,000円
50,000件:35,000円
100,000件:60,000円

テレアポ職人の口コミ

テレアポ職人についての口コミは見つかりませんでしたが、公式サイト上で「従来のCTIからテレアポ職人のクラウドサービスサスケCTIへの乗り換えで毎月のランニングコストを50%削減できた」という事例が紹介されています。

そして、その事例紹介の中の声として「導入コストを大幅に削減できて、非常にスピーディーにコールセンター設置ができた」「直観的に使えるので、ITに強くないママさんでも扱える」などといった感想が出ています。

また、リリースから10年で1,000社以上に導入されているという実績もあり、口コミは見つからずとも、テレアポ職人はかなり高い支持と評価を得ているということがうかがえます。

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ