潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » アウトバウンド型CTIシステムの導入検討時のための基礎知識 » クラウド型と設置型の違い

クラウド型と設置型の違い

CTIシステムのクラウド型と設置型がどのように違うのか、わかりやすくまとめています。

CTIのクラウド型と設置型のメリット・デメリットを比較!

CTIシステムには、ネットワーク上にシステムを構築するクラウド型と、物理的な機器をコールセンターに設置してシステムを購入する設置型の2種類に分けることができます。

両者にはそれぞれメリットとデメリットがあります。導入を検討するなら、両者の特徴を知ることが大切。そこで、この2種類のシステムについて、特徴を比較してみました。

クラウド型のメリット

導入・ランニングコストが安い

自社内にシステムを構築しないので、導入コストはかかりません。せいぜい数千円〜数万円といったところ。導入後のランニングコストも比較的安く、1ユーザーあたり数百円から数千円ほどです。

しかも、導入に必要なのはサービスの登録とアカウント作成だけ。すぐに導入ができ、ものによっては即日利用できるケースも。必要に応じて、すぐに始められます。

拡張性が高い

顧客情報などのデータが大きい場合は、ストレージの容量を追加することができます。物理的な拡張が必要ないので、課金だけですぐに対応してくれます。

ネットワーク環境があればどこでも使える

インターネットに接続できる場所なら、どこでも利用できるのが最大の強み。もちろんスマートフォンでも利用できるシステムがほとんど。外出中でもテレアポセールスが可能です。

クラウド型のデメリット

セキュリティなどのリスクが大きい

クラウドサービスには、どうしてもセキュリティの不安があります。ネットワーク上でデータをやり取りをしても、情報漏洩のリスクはゼロではありません。また、システムの環境はサービス提供者に依存するので、万が一システムに障害が発生しても、こちらでは復旧させることができません。

コストが高くなる可能性も

1ユーザーあたりの課金というシステムがほとんどなので、導入コストが高くても運用コストが安い設置型の方が、数年後にはコストが安くなっている可能性もあります。

カスタマイズがしにくい

自社の環境や運用スタイルに合わせたカスタマイズができないのも、クラウド型の不便なところ。オプションによるカスタマイズが限界です。

設置型のメリット

セキュリティの安心

インターネットに接続しているわけではないので、情報漏洩が起こりにくくなります。また、そのためインターネットに問題や障害があっても、オフライン環境で利用することができます。

カスタマイズがしやすい

システム環境を自社で構築するので、自社にあった環境を作りやすいのもメリット。運用してみて問題や改善点があれば、柔軟に対応することができます。

設置型のデメリット

イニシャルコストが高い

初期コストの高さは、設置型の最大の弱点。最低でも数百万円が必要になります。しかも、システムの構築には少なくとも1ヶ月は必要になります。思い立った時にすぐに利用できる、というものではありません。

ランニングコストがかかる

システムの運用に必要なコスト、法改正への対応、あるいは機器のソフトウェアアップデートなど、手間とコストがかかります。運用のためのエンジニアが必要なので、リソースや人件費が増してしまいます。

大企業は設置型、中小企業はクラウド型の導入が多い

それぞれのメリット、デメリットはご理解いただけたでしょうか?

セキュリティへの懸念から、大手企業などは設置型を導入する方がメリットが多いと判断することが多いようです。一方、設置コストの低いクラウド型は、中小企業に歓迎される傾向があるようです。

まずは、システムに求める要件や、運用に割くことのできるリソースなどを精査して、どちらを選ぶか検討してみると良いでしょう。

クラウド型のアウトバウンド型CTIシステムのおすすめを紹介>>

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ