潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » アウトバウンド型CTIシステムの導入検討時のための基礎知識 » アウトバウンド型CTIシステムの機能

アウトバウンド型CTIシステムの機能

アウトバウンド型CTIシステムが持つ機能について、詳しく解説しています。

アウトバウンド型CTIシステムの機能とは?

コールセンターから、顧客に対して電話をかけることで営業(テレアポ)を行うアウトバウンド。このアウトバウンドにCTIシステムを導入することで、業務効率を改善することができます。

ここでは、CTIシステムの具体的な機能についてご紹介していきます。

自動発信機能

オート・ダイヤリング(オートコール)

リストに掲載された顧客に、システムが自動的に電話をかけていく機能。顧客が電話を取った後、まずは自動音声応答機能(IVR)につなぎ、顧客がメニューを選んで、担当のオペレーターに転送する仕組みです。

プレディクティブ・ダイヤリング

自動発信に対して応答した通話を、オペレーターに順次転送していく機能です。オペレーターによる発信から応答までの待機時間をカットすることができます。

プログレッシブ・ダイヤリング

リストに掲載された相手が話し中だったり、不在だったり、あるいは応答した場合などを自動判別しながら発信を行う機能。あらかじめ顧客情報をオペレーターに提示した上で通話が始まるので、セールスがしやすくなります。

プレビュー・ダイヤリング

次に発信する顧客や関連顧客に関するデータを画面に表示して、それを見ながらクリック操作などで電話をかけるシステムです。こちらも事前に顧客情報がわかった上で通話ができるので、セールスがしやすくなります。

時間指定発信・再発信

あらかじめ登録しておいた時間になると、自動的に電話をかけてくれます。

管理機能

リアルタイムモニタ機能

管理者が、オペレーターの通話状況や会話の内容をモニタリングできるシステムです。オペレーターに対して、ささやきによるアドバイスがリアルタイムでできるので、経験の少ないオペレーターのサポートや、新人教育などができます。

通話の録音

通話の内容を全て録音しておくことで、顧客とのやり取りや依頼の内容を正確に記録することができます。トラブルやクレームの発生を抑えるために重要な機能です。

発信番号指定

電話を受ける顧客側に通知される番号を指定することができます。

顧客情報の検索・絞り込み

電話をかけた回数や、応答する時間・曜日など、様々な条件で顧客リストからのデータ抽出ができます。

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ