潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » アウトバウンド型CTIシステムの導入検討時のための基礎知識 » アウトバウンド型CTIシステムのメリット

アウトバウンド型CTIシステムのメリット

テレアポには欠かせない、CTIシステム。アウトバウンド型のCTIシステムを導入することで得られるメリットについて、詳しくまとめています。

見逃せないメリットが多数!アウトバウンド型CTIシステム

テレアポによる営業・セールスは、今や効率の最大化が至上命題。Excelで管理している顧客リストを見て、手動で電話をかけていくようなスタイルでは、あまりにも非効率。膨大な人件費を無駄にしていることになります。

テレアポの成果を最大限に引き上げてくれるのが、アウトバウンド型CTIシステム。ここでは、具体的にどのようなメリットがあるのか解説していきたいと思います。

1.顧客リストのデータベース化・共有管理

顧客リストをクラウド上に置いておくことができるので、いつ、どこからでも顧客情報を確認することができます。もちろん、どの顧客にいつ電話をかけたかもわかるので、違う営業マンが同じ顧客に電話をかけてしまう心配がなくなります。電話をかけた時間やその対応がわかれば、どの時間帯なら電話に出やすいのか、などの判断ができます。

2.再アプローチを効率化

電話に応答しなかったり、顧客や担当者が不在だった場合に、後で再アプローチをかけることになります。これをExcelやメモで管理するのはかなり難しいもの。数が膨大になったり、記録のミスが起こることもしばしば。

CTIを利用すれば、設定した再アプローチの時間になるとその旨を通知してくれるので、再アプローチを忘れる心配をしなくてすみます。

3.発信効率の向上とかけ間違いの防止

CTIシステムは、クリックで発信したり、システムが自動的に発信してくれたりします。このようなオートコールシステムがあれば、待機時間がなくなり、発信効率を上げることができます。もちろんかけ間違いもなくなるので、効率ダウンやクレームもなくなります。

4.通話の反省やアドバイスができる

システムによっては、通話の内容を録音したり、リアルタイムで管理者がモニタリングすることができます。これによって、会話内容について反省し、対応の品質を向上させることができます。

5.営業コストの削減

これらのメリットを総合すると、テレアポセールスの効率が向上するので、営業コストを下げることができます。待機時間の減少によって発信や対応の総数が増えるほか、データに基づいた、より成約に結びつきやすいセールスも可能です。

おすすめのアウトバウンド型CTIシステムを紹介>>

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ