潜在顧客のニーズを見つけ、見込み客へ育てるための最強ツールとは

HOME » アウトバウンド型CTIシステムの導入事例集(テレアポ効率化)

アウトバウンド型CTIシステムの導入事例集(テレアポ効率化)

アウトバウンド型CTIシステムを導入したことで、テレアポ業務を効率化・改善した事例を4つご紹介しています。

CTIでテレアポが変わる!CTI導入による業務効率化・改善事例

CTIは、今やアウトバウンドコールを含むテレアポ業務には欠かせないものとなっています。「人間が顧客リストの電話番号を読み、手動でダイヤルして電話をかけ、応答するまで待つ」そんなテレアポの業務では効率があまりにも悪く、コストも競争力も他社に劣ります。

アウトバウンドコールでは、特にコール数が成約数や収益のカギになります。効率よく、できるだけ多くテレアポ営業をかけるには、CTIによる効率化が絶対条件となっています。

ここでは、違う業態の企業がCTIを導入して成功した事例を4つご紹介しています。CTI導入の背景は各社異なりますが、どこも業務効率化や改善に成功しています。ぜひCTI導入を検討する参考にしてみてください。

メディアサイト運営

豊富な顧客情報を持つ情報メディアサイトが、データを有効活用するためにCTIを導入した事例です。

顧客満足度アンケートによれば、営業担当との接触回数が少ないほど顧客満足度が低いという結果に。そこで、非接触顧客をなくし、満足度を高めるために、テレアポ業務の改善を図ることになりました。より多く、効率よく電話をかけるためにCTIを導入し、生産性はわずか半年で大幅にアップしました。

小規模CTIの導入で生産性が1.5倍になったメディアサイトの事例>>

営業代行

アウトバウンドコールなどの営業代行を受託している企業でのCTI導入事例です。

アウトバウンドコールの事業拡大を目指す上で、大口顧客の代行をするためには更なる効率化が必要。そこでCTIシステムを導入することになりました。結果、CTIの導入で通信料を削減することに成功。また、クライアントがオペレーターの様子を直接モニタリングできることで、クライアントとこの企業の信頼感が厚くなるという効果も生まれました。

アウトバウンドコールを効率化、コストも削減できた事例>>

ECサイト

大手ECサイトが、コールセンターの拡大の必要に迫られ、海外に大規模コールセンターを設置することに。

海外と国内のやり取りを低い通信料で行うためには、CTIが最適。海外拠点と国内拠点の間の通話は内線扱いになり、コストは変わらないというメリットがあります。さらに、海外拠点と国内顧客との通話でも、国内通話と同じ料金が適用されることに。

海外拠点でのコールセンター業務を拡充し、テレアポ代行も手がけるほどに成長を遂げました。

海外でも国内と同じ利便性で使える、CTIのグローバルな導入事例>>

ソーシャルメディアサイト運営

ソーシャルメディアサイトを運営する企業が、顧客サポートにCTIを導入した事例です。インバウンド型の事例ですが、アウトバウンド型でも同じことが実現できる在宅勤務への移行事例です。

業種ゆえの特性か、問い合わせ1件あたりの対応時間が非常に長いことに困っていたそうです。オペレーターの負担を軽減し、少ない人数でも十分に対応できる体制を整えるためにCTIを導入。その後、思わぬ形で在宅勤務の必要性が出てきたものの、クラウド型CTIを選択したことで、スムーズに在宅勤務に移行できました。

クラウド型CTIでオペレーターの負担軽減、自宅勤務を実現した事例>>

外せないポイントを押さえたおすすめCTIシステム3選

ページの先頭へ